この度さいたまマラソンにエントリー頂いた方を対象に、スポーツ庁が推進する令和5年度 スポーツ産業の成長促進事業である「スポーツオープンイノベーション推進事業(地域版SOIPの先進事例形成)」にて採択されたプロジェクトの取り組みとして、株式会社グレースイメージングとの共同実証実験「汗乳酸測定によるマラソンカウンセリング」プログラムを開催します!

このプログラムは、運動中の汗に含まれる乳酸から、有酸素運動から無酸素運動に切り替わるタイミング(LTポイント)を可視化し、自身のマラソン適正速度・ペースや、目標タイムに届く可能性について測定するものです!

汗乳酸測定は、すでに一部スポーツで使用されており、今後は医療(リハビリテーション)で検査に使用される予定です。今回限定人数とはなりますが、「特別モニター」として参加希望者を募集いたします。ご興味がありましたら、ぜひお申込みください!

皆さまのご参加をお待ちしています!!

<特別プログラム>汗乳酸測定によるマラソンカウンセリング

・2023年12月23日(土)9:30~18:00
・2023年12月24日(日)9:30~18:00

※1時間程度の特別プログラムになります。開催時間枠については「定員」をご覧ください。

浦和駒場体育館 1階トレーニングルーム(さいたま市浦和区駒場2-5-6)

税込2,000円(特別モニター価格)
※特別プログラム当日、会場にて現金でお支払いください。

さいたまマラソンにお申し込みされた方 (高校生を除く満18歳以上に限る)

各日13名(申込多数の場合、抽選)

※申込時に希望の開催時間を伺います。

※参加が可能な場合は、希望の開催時間のうち、こちらが指定した開催時間でのご参加になります。当選後の開催時間の変更はできませんので、あらかじめご了承ください。

①受付(1階トレーニングルーム)
1階ロッカールームで更衣が可能です。更衣後受付をお願いします。
②測定デバイスを上腕に装着
③トレッドミルを使用し、走行
6km/hで5分ウォーミングアップ、その後、1分ごとに1kmアップ、RPE(※)=12以上になったら、1分ごとに0.5kmアップ、走れなくなったら終了。
※RPE:ランナーが感じている運動強度を数値化したもの(ランニング中に測定スタッフが表をお見せして、ランナーに回答いただきます)
④カウンセリング
測定したデータに基づき説明(LT速度、LT速度でのタイム、LTを上げるためのには、42.195㎞走り切れるようになるためのカラダ作りなど)。
⑤測定されたLT速度で、トレッドミルを再度走行
測定ではなく、LT速度を体感していただきます。

①Tシャツ(測定デバイスを上腕に装着するため、長袖はお控えください)
②動きやすいズボン(短パンなど)
③室内用ランニングシューズ
④汗拭きタオル
⑤着替え
⑥飲み物